電力設備解体・焼却炉施設解体・クレーン解体・煙突解体などプラント設備解体工事のスペシャリスト

History

50年のあゆみ

創業50年 SINCE1970
梶谷工業株式会社のあゆみ

2020年に創業50年を迎えました。
これもひとえに当社とともに歩んでくださった皆さまのおかげと、心より感謝申し上げます。

1970年の創業以来
「ヒトの力は無限大」をモットーに、プラント設備解体工事を行う者の心構えとして、
「技術」「正直」「まじめ」を愚直に守り続けて参りました。

これからも経験と知識を生かし、時代に沿った技術工法を提案・実現していきます。
この先さらに50年、100年企業を目指すために一生懸命、“あしたを創る”努力をして参ります。

  • 梶谷里志が兵庫県芦屋市にて解体工事請負を専門とする「梶谷商店」を設立。

  • 1970

    昭和45年2月
  • 当時の最新鋭の重機を導入

  • 梶谷商店として初めて貨物船の撤去工事に携わる。

  • 1976

    昭和51年
  • 梶谷商店として初めて製鋼所高炉の解体に携わる。

  • 1985

    昭和60年
  • 1986

    昭和61年
  • 梶谷商店として初めてガスプラントの解体に携わる。

  • 梶谷商店として初めてクレーンの解体に携わる。

  • 1988

    昭和63年
  • 1989

    平成元年
  • 事務所を兵庫県尼崎市に移転。

  • 梶谷商店から梶谷工業に屋号を変更。

  • 1994

    平成6年
  • 1995

    平成7年
  • 「阪神・淡路大震災」の復興支援活動工事を行う。

  • 兵庫県尼崎市東本町に会社寮兼倉庫建設。

  • 1998

    平成10年
  • 2003

    平成15年
  • 梶谷工業として大型発電設備の解体に
    携わる。

  • 資本金を500万円とし、梶谷工業を法人化。
    社名を「梶谷工業株式会社」とする。
    初代代表取締役社長に梶谷洋子就任。
    旧梶谷工業代表梶谷里志は取締役会長に就任。

  • 2006

    平成18年
  • 2007

    平成19年
  • 事務所を兵庫県西宮市に移転。

  • 資本金を1000万円に増資。

  • 2008

    平成20年
  • 2011

    平成23年
  • ISO14001認証をうける。

  • 2月 資本金を3600万に増資
    11月 和歌山事業所を開設

  • 2014

    平成26年
  • 2015

    平成27年
  • 8月
    西宮工事事務所を開設
    工事の円滑化を図るため、施工管理・技術、計画書を手掛ける企画設計を設置
  • 代表取締役に梶谷太士就任
    前代表取締役梶谷洋子は取締役会長に就任

  • 2016

    平成28年5月
  • 2019

    令和元年
  • それぞれの部署の呼称をグループに変更。
    それに伴い安全環境グループ及び重量仮設グループを設置

  • 2020

    令和2年
  • ISO45001認証をうける。

  • 新入社員の基礎知識・技術の向上のため、研修センターの設立

  • 2021

    令和3年

その先の新たなる高みへ

ページのトップへ