先輩紹介

KAJIPRO
Interview

I・O

I・O

社内の雰囲気について

入社して間もなく時に、大ベテランの先輩からから「おまえやれ」と言われて、そのときに受けたアドバイスより、自分の意見を伝えたら「そらそのほうがええなぁ」理解してもらえた。入社当時は、職人って頑固で話を聞いてくれないと思ったけど、聞いてくれるんだ!!と嬉しかったです。
先輩後輩の当たり前の敬語は必要だが、自分の考えがいい易い環境で、風通しがが良い組織だと思います。
また、出張中は、色々な先輩と食事に行き、解体の経験値の話を聞き、上司部下という感じではなく同志という感覚です。仕事はもちろんしんどい事もあるので、ピリピリばかりではなく冗談を言い合える雰囲気も好きです。

梶谷の技術とは

一言でいうなれば、多くの現場を通じて、経験値を引き継いできたものと考えます。そのため、解体するモノを知っています。どうずれば早く安全に解体が実施できるか、すばやく考え、作業スピードも早いことが他社との違いだと思います。

仕事の楽しさ

イメージした通りの解体になると楽しい。先輩たちが何十年かけて築き上げてきた技術を、間近で見ることができ、技術は日々向上しています。
他社へいけば間違いなくエースだと思います(笑)

チャレンジしたい夢

技術のツートップ2人が現役のときに認めてもらいたい。先輩の何十年といった経験値を、この目で見て、自分で考えることを繰り返ししているので、必ずや超えていけると思います。先輩たちの「つぎの世代につなげなあかん」という気持ちが伝わってきます。とにかく先輩の熱い気持ちに応えていきたいです。

エピソード

北海道で、私一人で現場にはいり、協力会社3名の体調管理を行いながら自分が考えたとおりに、きっちりできたときは、やった感が半端なかったです!!!また、任されて工期が伸びると、力の無さを実感できて、大変勉強になります。

梶谷に向いているひと

普通の解体業というのは、「ガスが切れればいい、重機に乗れれば良い」と考えられています。
しかし梶谷工業は、いかに安全性をもって早く完璧に作業を行うかが求められます。
「まずはやってみろ、わからないときに聞きに来い」これが梶谷工業の社風と考えます。
自分で考え、行動することが求められます。

採用についてのお問い合わせは

電話:0798-41-3636
メールでのお問い合わせ
▲ HOME ▲ Page Top
Top